fc2ブログ

定額減税特設サイトが開設されています

昨年12月22日に「令和6年度税制改正の大綱」が閣議決定され、この大綱に沿った国税の改正
法案が成立し、施行された場合には、令和6年分所得税について定額減税が実施されることと
なります。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆定額減税の概要
1)定額減税の対象となる人
  令和6年分所得税について、低額による所得税額の特別控除の適用を受けることができる
 人は、令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年分の所得税に係る合計所得金
 額が1,805万円以下である人です。

2)定額減税額
  定額による所得税額の特別控除の額は、次の金額の合計額です。
  ただし、その合計額がその人の所得税額を超える場合には、控除される金額は、その所得
 税額が限度となります。
  ① 本人(居住者に限る)                           30,000円
  ② 同一生計配偶者及び扶養親族(居住者に限る)     1人につき30,000円

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

実施された場合、令和6年6月1日以後最初に支払う給与等について源泉徴収を行う際から定額
減税を行うことになります。
まだ少し先の話ではありますが、実施された場合を想定して、早期に準備に着手できるよう国税
庁ホームページ内に「定額減税特設サイト」が開設されましたので、給与計算担当者の方はご
参照ください。

★ 給与等の源泉徴収事務に係る令和6年分所得税の定額減税のしかた(国税庁リーフレット)
   https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/0023012-317.pdf

★ 定額減税特設サイト(国税庁ホームページ内)
   https://www.nta.go.jp/users/gensen/teigakugenzei/index.htm

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヒライ労働コンサルタント

Author:ヒライ労働コンサルタント
岐阜県岐阜市にある社会保険労務士事務所のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR